若い頃より二日酔いが起きやすくなった、、これってなぜ?!

肝臓力低下

学生のころ、若いころと比較しても、二日酔いがひどくなってきた。間違いない!

以前はたくさん飲んでも翌日の朝はスッキリ目覚められたし、悪酔いしてもすぐに回復した。気持ち悪さが続くことはほとんどなかった。

なぜ若い時に比べてお酒を飲めなくなったり、二日酔いがつらくなったりするのだろうか。

年齢とともにつらさを増す二日酔いやその改善法については明確には解明されてはいないがいくつかの説があります。

学説1:肝臓中の酵素が減る

肝臓中の酵素が減る

まずは、お酒が分解される仕組みとしては、アルコールは胃から20%、小腸から80%が吸収され、その大部分が肝臓で処理されます。
肝臓では酵素によって「アセトアルデヒド」という物質に分解される。アセトアルデヒドには毒性作用があり、頭痛や吐き気などを引き起こす原因となる。

このアセトアルデヒドが別の酵素によって酢酸(アセテート)に分解されて、さらに二酸化炭素や水に分解される。

つまり肝臓にある酵素でアルコールの分解ができるが、アセトアルデヒドは有害な物質です。頭痛や吐き気などを引き起こすため、無害である酢酸へと分解されます。しかしこの酵素の量は、年齢を重ねるにつれて減るということがわかっている。つまり、アルコールの分解が上手くいかず、アセトアルデヒドのまま残ってしまうと、深酔いや二日酔いの原因となってしまいます

肝臓機能向上

学説2:体の回復パワーが弱まる

体の回復パワーが弱まる

風邪からの回復やトレーニング後の疲れからの回復は、年齢とともに時間がかかるようになる。臓器が付かれて傷んでいれば飲み過ぎも例外ないでしょう。

「年齢を重ねるにつれて、体の新陳代謝が変化し、神経機能が回復する能力が遅くなると考えられています」と、アメリカ国立アルコール乱用・依存症研究所のジョージ F・クーブ所長はハフポストUS版に説明する。

回復力が弱まるのは、免疫機能が老化することも原因の一つだとタイム誌は指摘する。

同誌によると、年齢とともに免疫機能が徐々に弱くなることで、若いときと同じように回復しなくなそうです。
年齢による回復力の低下は賛否があるようですが、肝臓はお酒だけのためにではないので、飲みすぎは体全体の疲労につながるでしょう。

若いころと同じような飲酒は難しくなるはずです。

学説3:ライフスタイルの変化

ライフスタイルの変化

現代人は一昔前よりも複雑な環境で生活をしていて、生き方も多種多様。よって、疲れ方も時代によって変化し、みなさんが思っている以上に、疲労は非常に多様化しています。

若いときは、二日酔いになればベッドでユックリできたでしょうが、年齢と共に、仕事も重要な責任のある立場だったり、家族サービスなど自分がゆっくりと疲労の回復ができる時間がない。

これはつまり社会的な年齢を重ねることで、二日酔いから回復する時間が少なくなるということ。そして新たに加わった責任が、さらなる胃痛や頭痛に痛みになっている可能性がある。

学説4:薬がアルコール分解を邪魔している

薬がアルコール分解を邪魔している

年齢を重ねるにつれて、薬を服用する機会が増えたかもしれませんが、アルコール(酒)は主に解熱鎮痛薬、精神安定薬、降圧薬などと相性が悪いことが知られています。

抗うつ薬や血圧の薬、糖尿病の治療、時にはアレルギーの薬を服用しながらアルコールを飲むと、体に強い悪影響を与えることがあるようです。

例えば、睡眠導入薬(ハルシオンやレンドルミンなど)と一緒に飲むと、効き目が強く出たり、糖尿病薬と一緒に飲むとアルコールの酔いが非常に強くなって「悪酔い」するなど、健康を害するなどのリスクが生じることもあるので、服用している薬とお酒の飲み合わせを、事前に医師に確認しておくことが大切だ。

学説4:アルコール依存を治す

アルコール依存症となりお酒の飲む頻度が高く、アルコール分解する肝臓がオーバーワークとなっています。そのため、肝臓機能が低下しているので、ちょっとの飲酒でも酔いやすくなっているのかもしれません。

まずは、アルコール依存症を治療して、楽しくお酒を飲めるようにしたいところです。
そこで、治療によく利用されているのが、アカンプロル(Acampro)333mgです。

主成分であるアカンプロサートカルシウムは、脳神経に働き、お酒を飲みたくなる欲求や高ぶりを抑えて、無理なく断酒を補助する効果があります。

アルコール依存が高まると平常時からグルタミン酸の量が増加してしまい、脳が興奮状態になってしまいます。

脳内のグルタミン酸が増加するとお酒を飲みたい欲求が高まってしまい、アルコールを摂取する事で、グルタミン酸が減少してしまうのがアルコール依存症です。

そのため、飲酒の欲求を解消しない限りアルコール依存から抜け出す事が困難となりますが、アカンプロルを服用する事で飲酒の欲求を抑え、アルコール依存症を改善します。


アカンプロルはについては禁煙補助薬のレグテクトの正規ジェネリック品で、世界中の多くの国で臨床治験が行われ禁酒の助けになる事が示されています。1錠、333mgを1回2錠、1日3回食後に服用します。

お酒を休むなら


powered by 三越屋-個人輸入代行

コメント

タイトルとURLをコピーしました