尿路結石を痛くなく高速に出す方法

尿路結石
ウリシーズはウルソジェネリック

ウルソは古くからの民間療法

ウルソの成分はもともとは民間療法として熊胆が利用されている。これは中国の伝統的な医学だ。中国では何千年もの間、胆汁が伝統的な薬剤として利用されてきた。唐の時代の医学関係の書物にすでに登場しており、風邪や二日酔い、心臓の疾患などに処方されてきた。胆汁の主成分のひとつであるウルソデオキシコール酸は、胆石の分解や肝疾患の治療に役立つことが医学的に証明されている。
クマの犠牲は不要なのがウリシーズ
健康的な食生活を維持するために肝臓機能をよくするためにクマの犠牲が必要ですか?熊の胆と同成分、同効果の医薬成分があります。ジェネリックのウリシーズは安価です。

尿路結石で激痛を経験した人は、もうこんな経験はしたくないはずです。
僕の場合は初めてはの時は病院で痛み止めを打ってもらうまで続きました。2回目では痛みが尿として出すことが出来たので、激痛ではありましたが一時的でした。
恐らく尿路結石ではこの2つのタイプに分かれるのではないでしょうか。
石のような塊が尿路を通過しようとすれば石のサイズが大きければ、オシッコとして排泄できず痛みが継続。又は、痛みを伴いながらオシッコと一緒に石を出すことが出来る。
痛くても石が尿として出てしまえば激痛はとりあえず収まりますね。
自分は尿路結石ができやすい体質なのか、年齢的なものなのかは別にして、一度ある事は2度目もある!

という事で、尿路結石を痛くなく高速に出す方法を探してみいました。

尿路結石から出る石は1つではない

結石が1つ、おしっこと一緒に「ポロッ」と体外から出てしまえば、痛みは落ち着きますが、実は次から次へと結石が出てくることもあります。
結石のサイズが大きければ大きいほど、地獄の苦しみとなります。

尿路結石は、「尿路」に石ができる病気で、腎臓・尿管・膀胱・尿道になります。
このどこかに石ができることを「尿路結石」といい、結石のできる場所、結石の成分でタイプが分かれてきます。尿中の結石成分の濃度が何らかの原因で過飽和状態になり、腎臓に結晶核が生じます。
その結晶が成長、凝集して結石となると考えられています。6割以上が男性の患者です。

石の成分は、尿に溶けこんでいるカルシウムやシュウ酸、リン酸などになります。
これらのミネラル物質が何らかの原因で結晶となり、有機物質も巻き込んで石のように固まってしまうのです。ですので同時に複数の石が作られている可能性もあります。中には石のサイズは小さいので痛みもなく排泄されている場合もあるのです。

石が出来る部位によって「上部尿路結石」と「下部尿路結石」に分かれます。
現在では約95%は前者、すなわち腎臓で形成され、またはこれが尿管に下降したものです。

ウルソ・ジェネリックで胆石予防 | ウルソ・ジェネリックのウリシーズ (Ulyses)で胆石予防

後者の膀胱結石あるいは尿道結石は約5%のみで、しかも前立腺肥大症や尿道狭窄などの尿の出にくくなる状態の時にのみ出来ます。
8割の尿路結石は原因不明です。感染、代謝異常、ホルモン、薬など、原因のはっきりしているものもあります。

どうやって尿管にとどまった結石を早く出すか

尿路結石は「尿路」に石ができる病気で、体の器官、腎臓・尿管・膀胱・尿道になりますが、もっとも痛みを感じ、放置できない部分が「尿管」の石ではないでしょうか。

ですので、如何に早く尿管から結石を出すことができるかが激痛からの回避ポイントです。

尿管の場所でも、特に管が狭い場所が3か所あります。

  1. 腎盂尿管移行部(じんうにょうかんいこうぶ):腎臓付近の尿管入口
  2. 総腸骨動脈交叉部(そうちょうこつどうみゃくこうさんぶ):尿管の中間地点
  3. 膀胱尿管移行部(ぼうこうにょうかんいこうぶ):尿管から膀胱へ入る直前の場所

このようにこの3か所の「尿管」が細いために石が通過しにくく激痛が必須となります。

良く女性の出産とたとえられますね。鼻からスイカが出るような苦しみと言われいますが、尿路結石の場合はスイカ以上の難易度の高いモノが出られなくなってるんでしょうね。

水を大量にたくさん飲んで(1日2リットル以上)

結石を早く出す方法の1つ目は水分補給です。私の主治医も言われてましたが水を大量に飲むことです。1日2リットルが目安なようです。

水分の取り過ぎは体に悪いともいわれていますので、やはり2リットルが目安なんでしょうね。
ビールですと2リットルは普通ですが、普段、あまり水分を取らない方だったので、余計に体に悪かったんですね。

一気に2リットルは無理なので、こまめに水分補給で2リットル/日を目指しましょう。

結石患者には適度な運動と水分が必要と言われ、1日排尿量は2リットル以上など水分補給は必須との事です。

尿路結石はビールを飲むといいと聞きましたが。

ビールには利尿作用があるのでビールを大量にのみ、良いから痛みを麻痺させて結石を強引に排出するという荒療法を噂として効いたことがありますが、さすがに怖くてできないですね。

また、アルコール摂取量と結石発生頻度とは密接な相関関係が見られたとの報告があり、多量の継続的なアルコール摂取により血中乳酸濃度が増し腎からの尿酸の排泄に抑制的に働くため、高尿酸血症の状態となり引き続き尿酸排泄を増加させカルシウム結石や尿酸結石の発生する危険性が増すと言われています。

ビール以外でもジュース、清涼飲料水、スポーツドリンク、コーヒー、紅茶、アルコールなどは尿中に結石を作りやすくする物質(カルシウム、シュウ酸、尿酸など)を多く排泄させるため、避けたほうが良いようです。また、水分は一日のなかで偏りなく一気に飲むのではなく、こまめな補給が理想です。

運動は尿路結石だけでなく重要

結石を早く出す方法の2つ目は、体を動かすことです。

運動して身体を動かすことによって結石の移動を促進させます。たまってきた結石を大きくなる前に排出してしまう事です。

結石は体の中の石ですので、体の中で引っかかって大きくなってきているので、上半身をくねくねさせて、脇腹あたりの結石が早く膀胱へ落ちてくれることをイメージしながら運動をしてみましょう。
結石が小さく痛みが我慢できる内ならば、縄跳びなどの運動で排出しやすい位置に移動させることも出来るでしょうね。

男性患者は週に3回以上のセックスが自然排出を促進する。

セックス行為(ピストン運動)の振動が結石排出に役立つとの事です。

「国際腎臓泌尿器科誌」という真面目な専門誌に載っている情報です。

引用元:国際腎臓泌尿器科誌「International Urology Nephrology(IUN)」(電子版)2017年11月号

特にいつも決まった姿勢でのみ生活をしている人は、体の器官、腎臓・尿管・膀胱・尿道に結石が留まっているかもしれません。

ですが、既に激痛を感じている状態ですと、運動はなかなか厳しいですね。激痛で立っているのも辛い状態です。

それでも、結石の位置や角度で出やすい状態にもなりますので、体をくねくね動かす運動や、温かいお風呂に入って痛みを和らげ、ゆっくりと体を動かすのも良いようです。

結石が詰まっている腎臓の脇腹辺りを入念に揉むなども、病院に行くまでの間に試してみてください。

尿路結石の激痛は発作が起きたときは病院を受診

結局、早く尿路結石を出すには病院に行くしかありません。上記の内容は激痛だが病院にすぐにいけない場合や移動中に試みて欲しい内容です。

尿路結石は結局、運が良ければ自然に排泄されることもありますが、それでも既に痛みを感じ始めている場合は、自然に排泄されるのは待つのは酷であるでしょう。また、逆に更に大きく、数が増えるなどもあります。

ですので、早く尿路結石を取り出したい場合は、「投薬」「器具を使用:体外からの衝撃波」、「内視鏡:取り出しor 破壊」、「手術:開腹」などと医学が必要になります。

powered by 三越屋-個人輸入代行


クマの犠牲は不要なのがウリシーズ
健康的な食生活を維持するために肝臓機能をよくするためにクマの犠牲が必要ですか?熊の胆と同成分、同効果の医薬成分があります。ジェネリックのウリシーズは安価です。 ウリシーズはウルソジェネリック

ウルソは古くからの民間療法

ウルソの成分はもともとは民間療法として熊胆が利用されている。これは中国の伝統的な医学だ。中国では何千年もの間、胆汁が伝統的な薬剤として利用されてきた。唐の時代の医学関係の書物にすでに登場しており、風邪や二日酔い、心臓の疾患などに処方されてきた。胆汁の主成分のひとつであるウルソデオキシコール酸は、胆石の分解や肝疾患の治療に役立つことが医学的に証明されている。
尿路結石
ウルソ・ジェネリックで胆石予防

コメント

タイトルとURLをコピーしました