ウリシーズでオシッコが出来ない恐怖の痛み、激痛を回避

尿路結石

激痛の尿路結石、オシッコが出来ない恐怖の痛み

発症すると「とてつもなく痛い!」自覚症状が起こる尿路結石系の症状。激痛から生きることが嫌になり人から見えないから理解してもらえない、苦しさ最大級と言われています。
ウリシーズではこれらの痛みへの治療と予防のお手伝いが出来ますが、痛み止めではないので通販でウリシーズを購入する人は予防の目的としてが多いようです。

一度発症して治療しても、何度も再発してしまうこともあるため、「もう二度と症状による痛みを味わいたくないのに、何度も再発してしまう……。」と悩んでいる方もいるでしょう。知らないうちに腎臓の中に石ができある日突然激痛を引きおこすという恐ろしい病気でメディア等で認知度が上がっている病気。これは日本人の10人に1人が生涯で一度は経験するという。

尿路結石はなぜ発症してしまうのでしょうか、痛くなる前に結石予防の知識をしっかりと身に着けてください。

痛みとなる前の小さな尿路結石の早期発見について

査やCT検査を

腎臓内に結石があるかどうかは、エコー検査やCT検査を受けることで分かります。
最小で1mmサイズの石まで見つけることができますが、3mmくらいまでの結石は最短で3週間でもできる可能性があるため、激痛に襲われる前に確実に発見するということは難しいのが現状です。
夜間や早朝に起こることが多く、痛みは2~3時間続き、その間は数分おきに痛みが強くなるというように、痛みの強弱に波があるのが特徴。
大きくなってから検診で発見されるのではなく、多くの場合は激痛により発見されるのが現状です。ですので、早期発見よりも予防に力を入れることをおすすめしています。

結石があるかの検査は「あまり意味がない」みたいですね。
「できやすい体質」であれば3週間あれで痛みを伴う結石の生成が可能。

尿路結石は何か一つの原因で起こるわけではなく、尿路の通過障害、感染、寝たきりまたは骨折、食事(動物性タンパク質や脂肪の過剰摂取)、内分泌・代謝異常などさまざまな要因が考えられる。半数以上は原因不明の特発性結石症といわれ、ごくわずかだが遺伝性のものがある。また、骨のカルシウムが血中に移行し血液のカルシウム濃度が異常に上昇して結石ができやすくなる「原発性副甲状腺機能亢進症」も原因の一つと考えられている。

自分が石(結晶)を作り出せる神に近い体質かの見極め方

尿路結石、それは体の内部で石を作り出せる能力?!
神様同様の創造主のように石などの自然物質を作り出すことが可能なのです。ですが、それを世の中に生み出すためには激痛が伴うようです。

「自分は膝に水が溜まり、内臓器官で石を作れます」これで酸素も生み出すことができれば、本当に神様ですね。

冗談のような体の内部にできるる「尿路結石」は代謝異常や他の薬が原因の場合がありますが、尿路結石の元となる「結晶」を作りやすい人の傾向としては「肉食中心の食生活」などにより、尿が酸性に傾いていることが少なくありません。

石を作られやすい尿酸値の危険な目安

健康な人の尿のPHの値は、6.5くらいの「弱酸性」で、それがより酸性に傾いた5.5くらいになってくると、結晶ができやすい状態になります。尿のPHは食事によって変動するため、一度PHの値が5.5くらいになっても心配する必要はありません。
しかし、この状態が3日くらい継続するようだと、尿が慢性的に酸性になっている可能性がありますので食生活を見直すきっかけにされることを、おすすめします。

「自身でリトマス試験紙で酸性度のチェック」もできます。
酸性度(PHの値)が分かるリトマス試験紙は一般でも購入が可能です。Amazonなどでも数百円から、1,000円程度で販売されています。

*ペットショップなどでも販売されています。(水質のPHを確認用)
ご自身の酸性度を確認して体調管理に目安にどうぞ!

尿路結石を作りやすい食生活の関係

肉や卵など、尿を酸性にする食品を多く摂取していると、尿中の結晶が増え結石のリスクが高まります。また、コレステロールを多く含む食品は結石の原因となります。

また、結晶の材料である「シュウ酸」を含むほうれん草、キャベツ、緑茶・紅茶など、や「プリン体」を含む食品(ビール、動物性の脂肪やたんぱく質)の過剰な摂取も避けた方がよいでしょう。

例えば、野菜ではホウレンソウが最もシュウ酸の量が多く、100gあたり800mg、キャベツ・レタス・ブロッコリ―が300mgの含有量があります。

その他にもお茶・コーヒー類にもシュウ酸が多く含まれています。飲み物の中で最もシュウ酸が多いのは紅茶で、ティーカップ1杯(100ml)あたり20mg、その以外にも玉露が11mgの含有量があります。

痛風などの原因のプリン体がここでも出てきましたね。

キャベツやホウレンソウというと日本では比較的安価で入手ができる野菜ですよね。

以下でも記載しておりますが、シュウ酸を摂取しても吸収させなければ良いのです。

痛み始めから辛いので尿路結石は発症しないよう予防が必須

尿路結石は発症しないように、ある程度予防をすることができます。

なぜなら、上記でも述べたとおり、尿道結石の原因の95%は生活習慣が原因で形成されるからです。つまり、尿路結石は生活習慣病のひとつということがいえます。

現在、疫学調査によって、「尿路結石はメタボリックシンドロームのひとつ」と報告されています。肥満や動脈硬化、糖尿病と同じものとして、尿路結石は分類されつつあるのです。

このことから、予防法としても、メタボリックシンドローム対策と同じといえます。

予防法は主に

  • 規則正しい生活。
  • 適度な運動。
  • 食べ過ぎ・飲み過ぎに気を付ける。

この3つが挙げられます。

健康的な生活を意識して続けていくとで、尿路結石の発症率を下げることができるでしょう。

これらの「健康的な習慣」はすべての病気に言えることですね。

水分の摂取で結石化を避けよう

上記でも述べましたように、肉食中心の食生活、シュウ酸の取りすぎなどの他には水分をたくさんにとりましょう。

体内の尿が濃ければ濃いほど原因物質の密度は高くなり結石が形成されるリスクが高まります。そのため、水分をたくさん摂ることが大切です。

体内のシュウ酸濃度が高くならないように水分補給で濃度を薄くできます。

一般的に、1日2リットルの尿が排泄されるほどに水分を取るのが理想とされています。

また、特に夏場の場合は、発汗により尿が濃縮されやすく、尿路結石のできやすい環境になりますので、水分は小まめに、そして多量に摂りましょう。

結石を作りにくくする抗酸化な食べ物とは?

日ごろから水分を多くとるだけでなく、日常から取り入れたい尿路結石を作りにくくする食べ物は、普段の食生活でも取り入れたいものばかりです。結石予防だけでなく、普段から意識して取り入れましょう。

乳製品などのカルシウム製品

乳製品などのカルシウム製品

カルシウムは、結石の原因のひとつとなるシュウ酸の吸収を減らすのに役立ちます。

日本では、結石の予防として1日600~800mgのカルシウム摂取が推奨されており、これは成人男女が1日に必要なカルシウムの量と一致します。
日本人はカルシウム摂取量が不足気味のため、積極的に摂取しましょう。

カルシウムの多い食品は、牛乳、ヨーグルトやチーズなどの乳製品、しらす干し、桜えび、豆腐や厚揚げ、納豆などの大豆製品、小松菜や切り干し大根などがあげられます。

シュウ酸を含む食品を食べてもカルシウムを含む食品を同時に食べれぱシュウ酸の腸からの吸収がおさえられます。

グレープフルーツなどのクエン酸

グレープフルーツなどのクエン酸

クエン酸は尿中でカルシウムとシュウ酸やリン酸が結合するのを抑えてくれます。オレンジやレモンなどのクエン酸を含む食べ物を摂取することで、結石の予防が期待されています。

他にもクエン酸は、グレープフルーツやみかん、パイナップルなどの酸っぱい果物に含まれます。

果物はカロリーが高めですので取りすぎには注意しましょう。クエン酸はドラッグストアーで健康食品として販売されていますので、そちらを選択しても良いでしょう。

結石を作りにくいオステオポンチンの食生活

野菜や海藻類、果物などをしっかりと摂取し
バランスの良い食生活を心がけることで結石のリスクは減ります。

また、「結晶」から「結石」へと成長する原因が腎臓内にある「オステオポンチン」という物質だということが発見されました。
この「オステオポンチン」の働きを抑えるのがお茶や青魚、ブルーベリー、大豆、かぼちゃ、にんじんなど「抗酸化物質」を含む食品です。

バランスのよい食事を心がけよう

バランス良い食事で体の酸化を防ぎましょう。そして、シュウ酸を摂取しない、摂取しても吸収させない工夫を少しずつで良いので生活の中に取り入れたいですね。
特に野菜としてホウレンソウやキャベツの取り過ぎが尿路結石を作りすくなるのは驚きですね。キャベツやホウレンソウというと手軽に取りやすいビタミン(野菜)の一つですので、結石の予防に役立つ食べ物と合わせて、毎日の食事を見直して、バランスのよい食事を心がけたいですね。

powered by 三越屋-個人輸入代行

コメント

タイトルとURLをコピーしました